「専用」の読み方と意味とは?「せんよう」と「たんよう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「専用」の読み方と意味とは? 読み方

「専用」という言葉はどのような意味を持つ何が正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「専用」の正しい読み方と意味について解説します。

「専用」の正しい読み方は「せんよう」と「たんよう」どちら

「専用」という言葉の読み方として思いつくのが「せんよう」「たんよう」です。

「せんよう」「たんよう」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「専用」の正しい読み方は「せんよう」です。

「専」「専属」【せんぞく】「専任」【せんにん】など「せん」と読み、「用」「用法」【ようほう】「多用」【たよう】など「よう」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせた「せんよう」「専用」の正しい読み方です。

「専」「たん」という読み方はないので「専用」「たんよう」読むのは間違いです。

「専用」の意味

「専用」とは、「特定の人だけが使うこと」もしくは「特定の目的にだけ使うこと」を意味する言葉です。

多くの人がひとつのものを共同で使うことを「共用」といいます。

「専用」は共用の反対語にあたり他の人には使わせず特定の人だけが使うことを表します。

ひとつのものをいろいろな使い方で使用することを「汎用」といいますが、汎用の反対語に当たるのが「専用」です。

ひとつの目的にしか使わないものに対して用いる表現で目的にふさわしくなるよう形状や性能などが特化しています。

異なる2つの意味を持つ言葉ですがどちらも対象を広げず限定するという意味が共通しています。

「専用」の言葉の使い方や使われ方

・『専用の練習場所を用意する』
・『政府専用機が離陸する』
・『卵かけご飯専用の醤油』

まとめ

「専用」「せんよう」と読むのが正しく「たんよう」とは読みません。

さまざまななものに対して使う言葉なので正しい意味と読み方を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました