「専科」の読み方と意味とは?「せんか」と「せんけ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「専科」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「専科」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「専科」の正しい読み方は「せんか」と「せんけ」どちら

「○○専科」というフレーズをしばしば目にしますが「専科」の読み方は「せんか」「せんけ」のどちらが正しいのでしょうか。

正しい読み方の結論

「専科」の正しい読み方は「せんか」です。

漢字の「科」は音読みで「カ」、訓読みで「しな、とが」などと読みますが「け」とは読みません。

そのため「専科」「せんけ」と読むのは間違いとなります。

「専科」の意味

「専科」「ある分野に特化していること」で、そのような学科や課程、そのような商品やサービスを対象とした店舗などを意味します。

これは読んで字のごとく「専門の科」を表し、「種類ごとに区分されたもの」を意味する「科」「専門」(特定の分野に従事している)であることを指しています。

一般に、教育機関において特定の科目や領域を専門とした課程を「専科」といい、特定の教科のみを担当する教員は「専科教員」と呼ばれています。

また特定の分野を対象としたサービスを行う場合に「○○専科」のような言い回しが使われることもあります。

「専科」の類語は「専攻」(せんこう)、「分科」(ぶんか)です。

「専攻」は学問や研究において特定の分野を突き詰めること、「分科」は科目をさらに分野ごとにわけたものを指しており、「専科」とは少しニュアンスが異なります。

「専科」の言葉の使い方や使われ方

・『靴の修理に専科してサービスを承っている』
・『彼は美術の専科教員だ』
・『資格を取得するため専科学校に入学する』

まとめ

「専科」の正しい読み方は「せんか」で、「ある分野に特化していること」を意味し、主に特定の学科や科目、サービスなどを指すときに使われます。

「せんけ」とは読まないので、間違えないように気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました