「射殺」の読み方と意味とは?「しゃさつ」と「せきさつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「射殺」の読み方と意味とは? 読み方

「射殺」は人の殺し方を表す言葉です。

具体的にはどのような殺し方のことで読み方は何が正しいのでしょうか。

今回は、「射殺」の正しい読み方と意味について解説します。

「射殺」の正しい読み方は「しゃさつ」と「せきさつ」どちら

「射殺」という言葉の読み方として思いつくのは「しゃさつ」「せきさつ」です。

「しゃさつ」「せきさつ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「射殺」の正しい読み方は「しゃさつ」です。

「射」「射的」【しゃてき】「発射」【はっしゃ】など「しゃ」と読みます。

「殺」「殺害」【さつがい】「他殺」【たさつ】など「さつ」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせるとできる「しゃさつ」「せきさつ」のうち「射殺」の正しい読み方は「しゃさつ」です。

「射殺」の意味

「射殺」とは、「射撃武器で殺害すること」を意味する言葉です。

弓矢や銃など遠隔攻撃用の射撃武器で人を殺すことを指します。

「射殺」「射」には強い力で送り出すという意味があり、特に弓矢や銃など物体を飛ばして相手に攻撃する射撃武器を使用するさまを表します。

弓矢で相手を射止めたり銃弾を命中させたりなど射撃によって人の命を奪う行為が「射殺」です。

離れた場所から攻撃して殺すことを表す言葉なので矢を手に持って相手に直接突き立てるような殺し方は「射殺」に含まれません。

「射殺」の言葉の使い方や使われ方

・『立てこもり犯を狙撃手が射殺する』
・『ケネディ大統領はパレード中に射殺された』
・『防弾チョッキが射殺を防いだ』

まとめ

「射殺」「しゃさつ」が正しい読み方で「せきさつ」と読むのは誤りです。

日常生活ではまず使いませんがニュースで使われる機会の多い言葉なので憶えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました