「将来」の読み方と意味とは?「しょうらい」と「はたらい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「将来」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「将来」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「将来」の正しい読み方は「しょうらい」と「はたらい」どちら

「将来」の読み方として予測できるものに、「しょうらい」「はたらい」があります。

「しょうらい」「はたらい」の二つの読み方のうち、「将来」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「将来」の正しい読み方の結論は、「しょうらい」が正しい読み方になります。

「将来」の言葉に使われている「将」の漢字の音読みは「ショウ」、訓読みは「まさに・はた」です。

ただし「将来」という名詞においては「ショウ」と音読みで読み、「はた」という訓読みで読むことはできません。

そのため、「将来」「はたらい」と読むのは明らかな誤読であり、「はたらい」という日本語も存在しないのです。

「将来」の意味

「将来」の意味は、「未来・これから先の時間軸」を意味しています。

「将来」という名詞は、「将に来らんとする時(まさにきたらんとするとき)」という漢語の意味に由来しています。

「将来」の別の意味として、「外国などから文物を持ち込むこと」「結果を招くの意味を持つ“招来”の異字同義語」もあります。

「将来」の言葉の使い方や使われ方

「将来」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『将来どんな職業に就きたいのかの見通しの甘さが祟って、大卒でもフリーターの身の上なのです』
・『甲子園で優勝したそのピッチャーは、将来を嘱望されていましたが思っていたより成績が伸びませんでした』
・『アメリカから将来したポップカルチャーやダンス文化は日本で当たり前のように受け入れられています』

まとめ

この記事では、「将来」の正しい読み方「しょうらい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「将来」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の内容を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました