「尊厳」の読み方と意味とは?「そんげん」と「そんがん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「尊厳」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「尊厳」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「尊厳」の正しい読み方は「そんげん」と「そんがん」どちら

「尊厳」「尊」は、音読みで「ソン」、訓読みで「とうと(い)」「たっと(い)」などと読みます。

また「厳」は、音読みで「ゲン」「ゴン」、訓読みで「きび(しい)」「おご(そか)」などとなります。

「尊」「厳」を音読みにすると、「そんげん」と読むことができます。

しかし、「厳」「がん」とは読まないので、「そんがん」と読むことはできません。

正しい読み方の結論

「尊厳」の正しい読み方は「そんげん」です。

「厳」「げん」とは読めますが、「がん」とは読みません。

「がん」と読む漢字表記で「巖」がありますが、「厳」とは意味が異なります。

「尊厳」「そんがん」ではなく、「そんげん」と読むようにしましょう。

「尊厳」の意味

「尊厳」とは、尊(とうと)く厳(おごそ)かなことや、気高くて威厳(いげん)があり、おかしがたいことを言います。

「尊厳」「尊」は、「たっとい」「とうとい」「敬う」などを意味しています。

また「厳」は、「きびしい」「おごそか」「いかめしい」などを表しています。

そのため、「尊厳」は漢字の意味から見ると、「厳かに敬う」「尊く厳か」と言う意味合いになります。

「尊厳」の言葉の使い方や使われ方

・『それぞれお互いの尊厳を尊重することが大切です』
・『尊厳を保ちながら生活していくための法律が必要です』
・『このことは人間の尊厳に大きく関わってきます』

まとめ

「尊厳」と関連した語としては、「品格(ひんかく)」「自敬(じけい)」「気格(きかく)」「品位(ひんい)」、あるいは「気品(きひん)」などが挙げられます。

「尊厳」「そんがん」ではなく、「そんげん」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました