「小著」の読み方と意味とは?「しょうちょ」と「こしょ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「小著」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「小著」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「小著」の正しい読み方は「しょうちょ」と「こしょ」どちら

「小著」の読み方として予想できるものに、「しょうちょ」「こしょ」があります。

「しょうちょ」「こしょ」の二つの読み方のうち、「小著」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「小著」の正しい読み方の結論は、「しょうちょ」が正しい読み方になります。

「小著」の謙遜した言葉に使われている「著」という漢字の音読みは「チョ」、訓読みは「あらわす・いちじるしい」です。

ただし「小著」の言葉においては音読みの「チョ」が使われて「しょうちょ」と読むのです。

「著」には「ショ」の音読みはないため、「小著」「こしょ」と読むのは明らかな誤読になってしまいます。

「小著」の意味

「小著」の意味は、「自分の書いた著作についてへりくだっていう謙譲語」を意味しています。

「小著」というのは、「自分が上梓した著作物について謙遜して表現する言葉」なのです。

「小著」のもう一つの意味として、「ページ数が少ない本や書籍」も挙げることができます。

「小著」の言葉の使い方や使われ方

「小著」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『専門的な内容も少なくないのですが、小著を手に取って頂けたのであればこれ以上はない喜びです』
・『分厚い小説がほとんどの長編ミステリーの大家にしては、この作品は珍しく小著となりました』
・『小著を読んでくださった読者の方であれば、私が伝えたい趣旨についてご理解いただけたのではないかと思います』

まとめ

この記事では、「小著」の正しい読み方「しょうちょ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?
「小著」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の内容をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました