「居間」の読み方と意味とは?「いま」と「いかん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「居間」の読み方と意味とは? 読み方

住宅の中にはさまざまな部屋がありますがその中のひとつに「居間」という部屋があります。

具体的にどんな部屋で読み方は何が正しいのでしょうか。

今回は、「居間」の正しい読み方と意味について解説します。

「居間」の正しい読み方は「いま」と「いかん」どちら

「居間」という言葉の読み方を漢字の読みを当てはめて考えてみると「いま」「いかん」の2つが浮かびます。

「いま」「いかん」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「居間」の正しい読み方は「いま」です。

「居」「居留守」【いるす】「鳥居」【とりい】など「い」と読みます。

「間」「間合」【まあい】「隙間」【すきま】など「ま」と読むほか、「間伐」【かんばつ】「年間」【ねんかん】など「かん」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「いま」「いかん」の2つのうち「居間」の正しい読み方は「いま」です。

「居間」の意味

「居間」とは、「住宅にある部屋のうちゆっくりくつろいで過ごすための部屋」を指す言葉です。

住宅に住む家族が揃ってくつろぐために使う部屋で、住人の多くが長い時間を過ごす安らぎと憩いの役割を持つ部屋を指します。

別名を「リビングルーム」といい基本的には住宅で暮らす家族のための部屋ですが、来客を通してもてなす応接室の代わりとして使われることもあります。

「居間」の言葉の使い方や使われ方

・『家族全員居間にいる』
・『居間をもっと広くしておけばよかったと後悔している』
・『居間を広くするために納戸を狭くする』

まとめ

「居間」の正しい読み方は「いま」しかありません。

「いかん」などその他の読み方はすべて誤りなので正しい読み方と意味に従って使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました