「山腹」の読み方と意味とは?「さんぷく」と「やまはら」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「山腹」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「山腹」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「山腹」の正しい読み方は「さんぷく」と「やまはら」どちら

「山腹」「山」は、音読みで「サン」「セン」、訓読みで「やま」と読みます。

また「腹」は、音読みで「フク」、訓読みで「はら」「こころ」となります。

「山」「腹」を音読みにすると、半濁音化で「さんぷく」と読むことができます。

一方、「山」「腹」を訓読みで読むと、「やまはら」と読めます。

正しい読み方の結論

「山腹」の読み方は「さんぷく」です。

ただし、例外として「やまはら」と読む場合もあるようです。

しかし、一般的には「さんぷく」と読みます。

「山腹」の意味

「山腹」とは、山の頂上と麓(ふもと)との間のことを言います。

「山腹」「山」は、「やま」「高地」「高く盛った所」などを意味しています。

また「腹」は、「はら」「おなか」「考え」「ものの中央の部分」などを表しています。

そのため、「山腹」は漢字の意味から見ると、「山の中央の部分」と言うような意味合いになります。

「山腹」の言葉の使い方や使われ方

・『山腹には段々畑を見ることができます』
・『山腹の辺りは山頂と比べると、野鳥や植物の種類が違うようです』
・『山頂だけではなく、山腹まで雪が積もっています』

まとめ

「山腹」と関連した語としては、「山の中腹」「山のなかほど」「山腹工(さんぷくこう)」などが挙げられます。

「山腹」は漢字を見ただけで、比較的意味が分かる熟語だと言えます。

しかし、音読みだけだと、「さんぷく」なので、場合によっては分かりにくいかもしれません。

そのような時は、「山の中腹」などと言い方を変えた方が理解しやすいでしょう。

「山腹」は一般的には「さんぷく」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました