「帯皮」の読み方と意味とは?「おびかわ」と「おびひ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「帯皮」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「帯皮」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「帯皮」の正しい読み方は「おびかわ」と「おびひ」どちら

「帯皮」の正しい読み方は、「おびかわ」と読みます。

そのうえで、「帯皮」は皮の帯の事なので、見たまんまを読み上げ「かわのおび」ということから、「おびかわ」と読みます。

決して、「おびひ」と読まず、訓読みにて見たまんまを意味する漢字で読み上げるのがこの漢字の読みです。

正しい読み方の結論

「帯皮」の正しい読み方の結論は、訓読みで漢字を読み上げ「おびかわ」と読むのが正しいです。

なぜなら、この言葉は、物体の名を意味する言葉なので、訓読みで読み上げ、そのものがなんであるかが分かるというのがこの漢字の読みになります。

「帯皮」の意味

「帯皮」の意味は、皮で作られた帯のことで革ベルトのことです。

他にも、機械を動かすゴムベルトのことも「帯皮」と呼んでゴムベルトという意味もあります。

なお、「帯皮」は、耐久性が優れた皮の帯とかゴムの帯の事なので、機械で使用する場合、ちょっとやそっとでは千切れない動力を伝える帯を意味します。

「帯皮」の言葉の使い方や使われ方

・『工業機械の帯皮が千切れてはじけ飛ぶ』
・『重機の帯皮を取り換える』
・『帯皮をズボンに通す』

まとめ

「帯皮」については、見たまんまを意味する訓読みで読み上げると正しい読みになります。

よって、「帯」は、「帯」と読んで「皮」「かわ」と読んで「おびかわ」です。

けっして、「おびひ」と訓読みと音読みを混ぜて読んではなりません。

この漢字は、皮の帯という言葉からわかるように革のベルトのことで工業用の機械の動力ベルトという意味もあり、簡単なことでは千切れることがないベルトのことです。

革細工は加工を施しているため、千切れないという特性があり、この特性から機械のベルトも同様に千切れないことから、ゴムベルトのことを「帯皮」と呼ぶこともあります。

タイトルとURLをコピーしました