「常陸牛」の読み方と意味とは?「ひたちぎゅう」と「じゅうりく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「常陸牛」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「常陸牛」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「常陸牛」の正しい読み方は「ひたちぎゅう」と「じゅうりく」どちら

「常陸牛」の読み方として予想できるものに、「ひたちぎゅう」「じゅうりく」があります。

「ひたちぎゅう」「じゅうりく」の二つの読み方のうち、「常陸牛」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「常陸牛」の正しい読み方の結論は、「ひたちぎゅう」が正しい読み方になります。

「常陸牛」というのは「茨城県産の高級牛肉(肉質等級4級以上)のブランド名」であり、その読み方は「ひたちぎゅう・ひたちうし」と決められています。

「常陸(ひたち)」というのは、茨城県の旧令制国の国名である「常陸国」に由来しています。

そのため、「常陸牛」「じゅうりく」と読むのは明らかな誤読なのです。

「常陸牛」の意味

「常陸牛」の意味は、「茨城県で生産されている黒毛和牛のうちで肉質が特に良いと認められたものの銘柄」を意味しています。

「常陸牛」というのは、「日本食肉格付協会枝肉取引規格の格付けにおいて、歩留等級A・B+肉質等級4以上の茨城県産の高級な黒毛和牛のブランド名」を指しているのです。

「常陸牛」の言葉の使い方や使われ方

「常陸牛」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『常陸牛は茨城県内では美味しい和牛のブランド名として高い知名度を誇っています』
・『正式に常陸牛のブランド名を名乗ることができるのは、茨城県内の指定農家で生産された黒毛和牛だけです』
・『常陸牛の銘柄がつくられたのは昭和51年からですが、茨城県(旧水戸藩)の牛肉生産は江戸時代末期から始まっていたとされます』

まとめ

この記事では、「常陸牛」の正しい読み方「ひたちぎゅう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「常陸牛」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の内容を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました