「干潮」の読み方と意味とは?「かんちょう」と「せんちょう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「干潮」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「干潮」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「干潮」の正しい読み方は「かんちょう」と「せんちょう」どちら

干潮の漢字を見た人の中には何となく、せんちょうと読んでしまう人もいるものです。

確かに後ろの潮の漢字は、ちょうという読みを持っていますが、最初の干の漢字には、せんという読みはありません。

恐らく見た目がかなり似ていて、せんという読みがある千の漢字と勘違いして、この様に読んでしまうのだと推測されるのです。

そのため当たり前の話ですが干潮の漢字は、せんちょうとは読まず、かんちょうと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

干潮は、かんちょうと読むのが正解な言葉です。

というのも最初の干の漢字は普通に、かんという読みがある上に、続く潮の漢字もそのまま、ちょうと読む事が出来ます。

以上の事から、干の漢字の、かん読みと、潮の漢字の、ちょう読みを組み合わせる事によって、干潮は、かんちょうと読む事が可能となっているのです。

「干潮」の意味

干潮は、水が引くといった意味がある干の漢字に、引力によって周期的に起こる海面の昇降といった意味を有する潮の漢字を付け足す事により成立した言葉となっています。

だからこそ干潮は、潮が引く事により海面が最も低くなってしまう現象を表すのです。

「干潮」の言葉の使い方や使われ方

・『潮干狩りをするために、干潮時を狙って海に出掛けました』
・『この辺りは干潮時には船舶の航行が出来なくなるので注意が必要です』
・『こちらの温泉は干潮時にしか利用出来ないので、幻の温泉と呼ばれています』

まとめ

干の漢字には、せんという読み自体が存在しません。

なので干潮の漢字を、せんちょうと読むのは完全に間違いで、かんちょうと読むべき言葉となっています。

そんな干潮は、潮が引く事により海面が最も低くなる現象を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました