「弁える」の読み方と意味とは?「わきまえる」と「うろたえる」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「弁える」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「弁える」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「弁える」の正しい読み方は「わきまえる」と「うろたえる」どちら

「弁える」の正しい読み方を考えるために、最初に、「弁」の漢字の読みを漢字辞典で確認します。

「弁」の漢字の音読みは「ベン」で、訓読みは常用漢字外の読みですが、「わきま(える)・はなびら・かた(る)」と記載されています。

ここから、「弁える」「わきまえる」と読むことが出来ることが分かります。

しかし、「うろたえる」とは読めそうにないことも分かります。

さて、「弁える」の正しい読み方は「わきまえる」「うろたえる」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、先に推察した通り、「弁える」の正しい読み方は「わきまえる」で、「うろたえる」と読むのは、明らかに間違いです。

「うろたえる」と読む言葉として、「どうしてよいか分からず、慌て迷うこと」を意味する「狼狽える」が思い浮かびます。

この言葉の読み方はいわゆる「熟字訓」で難読と言えます。

「狼狽える」との表記も分からず、そこからあてずっぽうで「弁える」「うろたえる」と読み間違えられることがあるのではと推察されます。

「弁える」の意味

「弁える」とは、「物事の違いを見分けることや、物事の道理をよく心得ていること」を意味する言葉です。

「弁える」の言葉の使い方や使われ方

・『あの子はまだ小学生ですが、場所を弁えた行動がしっかりと行えています』
・『彼は、場所や立場を弁えず、常に自分の言いたいことをズケズケと話すために、非常識な奴だと陰口されています』

まとめ

「弁える」の正しい読み方は「わきまえる」で、「うろたえる」と読むのは間違いです。

また、この「弁える」とは、「物事の違いを見分けることや、物事の道理をよく心得ていること」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました