「引導」の読み方と意味とは?「いんどう」と「ひきどう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「引導」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「引導」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「引導」の正しい読み方は「いんどう」と「ひきどう」どちら

「引」という漢字は訓読みでは「引(ひ)く」「引(ひ)ける」と読み、音読みでは「いん」と読みます。

そして、「導」という漢字は訓読みでは「導(みちび)く」「しるべ」と読み、音読みでは「どう」と読みます。

「引導」の場合、「引」「導」それぞれに音読みを当て、「いんどう」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「引導」の正しい読み方は「いんどう」になります。

「引導」の意味

「引導」には以下の意味が含まれています。

・仏教用語において、「衆生を導いて、悟りの道へと誘うこと」
「葬儀の折、導師が棺の前に立ち、死者が悟りを得られるように法語を唱えることやその法語」
「先に立って導くこと」
「引導」が用いられる最もポピュラーな慣用句としては「相手の命がなくなることを分からせる」「諦めるように、最終的な宣告をする場合などに使う表現」「引導を渡す」があります。

「引導」の言葉の使い方や使われ方

・『ベルト防衛選手は今回の挑戦者に対し、皮肉を込めて引導を渡した』
・『無謀な攻めを繰り返す敵国に対し、絶大な軍力をもって引導を渡した』

まとめ

「引導」の正しい読み方は「いんどう」であり、「引導」は仏教用語において、「衆生を導いて、悟りの道へと誘うこと」「先に立って導くこと」などの意味が含まれています。

ちなみに、慣用句である「引導を渡す」とは、「相手の命がなくなることを分からせる」「諦めるように、最終的な宣告をする場合などに使う表現」という意味を表します。

タイトルとURLをコピーしました