「強権」の読み方と意味とは?「きょうけん」と「ごうけん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「強権」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「強権」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「強権」の正しい読み方は「きょうけん」と「ごうけん」どちら

「強権」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「強」の漢字の音読みは「キョウ・ゴウ」で、訓読みは「つよ(い)」です。

また、「権」の漢字の音読みは「ケン・ゴン」で、訓読みは「いきお(い)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「きょうけん」とも、「ごうけん」とも読める可能性があることが分かります。

しかし、いずれの音読みを使った読み方が正しいかは、判断することが出来ません。

さて、「強権」の正しい読み方は「きょうけん」「ごうけん」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「強権」の正しい読み方は「きょうけん」で、「ごうけん」と読むのは間違いです。

音読み+訓読みや、訓読み+音読みと、音読みを重ねた読み方の対比では、音読みを重ねた読み方の方が一般的で、何となく音読みを重ねた読み方が正しいと推察できます。

しかし、二つの音読みを使った読み方のいずれが正しいのかは、まったく推察することが出来ません。

正しい読みを覚える以外、方法がないと言えます。

これは、日本語における熟語の読みの難しさの一つと言えます。

「強権」の意味

「強権」とは、「国家が行政上や司法上有する強い権力のこと」を意味する言葉です。

しばしば、「強権を発動する」と言った表現で使われます。

「強権」の言葉の使い方や使われ方

・『国家は大きな権力を持っており、それだけに強権を発動するのは抑制的でなければなりません』
・『国家ほどではありませんが、地方自治体も強権と言えるものを有しています』

まとめ

「強権」の正しい読み方は「きょうけん」で、「ごうけん」と読むのは間違いです。

また、この「強権」とは、「国家が行政上や司法上有する強い権力のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました