「従たる」の読み方と意味とは?「じゅうたる」と「したがいたる」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「従たる」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「従たる」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「従たる」の正しい読み方は「じゅうたる」と「したがいたる」どちら

「従たる」の読み方として想定されるものに、「じゅうたる」「したがいたる」があります。

「じゅうたる」「したがいたる」の二つの読み方のうち、「従たる」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「従たる」の正しい読み方の結論は、「じゅうたる」が正しい読み方になります。

「従たる」の言い回しで使用されている「従」という漢字の音読みは「ジュウ」、訓読みは「したがう」です。

「従たる」を訓読みすると「したがたる」になってしまいます。

「したがいたる」と読むためには、「従いたる」という送り仮名をつける必要があります。

そのため、「従たる」「したがいたる」と読むのは端的な読み間違えになってしまうのです。

「従たる」の意味

「従たる」の意味は、「物事や現象を“主(メイン)”“従(サブ)”に分けた場合の従のほう」を意味しています。

「従たる」という言い回しは、「メインになる物事に対して従属的なものや付随的なもの」といった意味のニュアンスを持っているのです。

「従たる」は、法的効果のある契約書の文面などで使われることも多い言い回しです。

「従たる」の言葉の使い方や使われ方

「従たる」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『私はクライアントに助言を与えるだけの従たる立場に過ぎないため、私が意志決定できるわけではありません』
・『従たる事業者であっても、一定以上の法的な責任を追及される可能性は少なからずあるのです』
・『私の弟が先日ニュースで伝えられていた強盗事件において、従たる役割を果たしていたことが明らかになりました』

まとめ

この記事では、「従たる」の正しい読み方「じゅうたる」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「従たる」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました