「忠臣」の読み方と意味とは?「ちゅうしん」と「ただしん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「忠臣」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「忠臣」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「忠臣」の正しい読み方は「ちゅうしん」と「ただしん」どちら

「忠臣」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語で使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「忠」の漢字の音読みは「チュウ」で、訓読みは「まごころ」です。

また、次の「臣」の漢字の音読みは「シン・ ジン」で、訓読みは「おみ」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「ちゅうしん」と読めることが分かります。

また、訓読み+音読みで繋いだ読みとして、「ただしん」と読めるのではと予測されますが、「忠」の漢字には「ただ」との読みはなく、従って「ただしん」と読むのは間違いではないかと考えられます。

さて、「忠臣」の正しい読み方は「ちゅうしん」「ただしん」の、いずれなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「忠臣」の正しい読み方は「ちゅうしん」で、「ただしん」と読むのは、先に推察した通り間違いです。

「忠」の漢字は、名前の読みとしては「ただ」「ただし」「ただす」等と使われていますが、音読みや訓読みとしては、そうした読み方はないのです。

「忠臣」の意味

「忠臣」とは、「忠義な臣下や、忠義を尽くす家来のこと」を意味する言葉です。

「忠臣」の言葉の使い方や使われ方

・『赤穂浪士は映画やドラマでも何度も取り上げられ、今も忠臣の代表とされています』
・『昔の忠臣は、現在では忠実な部下と言い換えることが出来るでしょう』

まとめ

「忠臣」の正しい読み方は「ちゅうしん」で、「ただしん」と読むのは、先に推察した通り間違いです。

また、この「忠臣」とは、「忠義な臣下や、忠義を尽くす家来のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました