「快気」の読み方と意味とは?「かいき」と「こころよき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「快気」の読み方と意味とは? 読み方

気分がいいことや病気が治ることを示す言葉には「快気」があります。

この記事では、「快気」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「快気」の正しい読み方は「かいき」と「こころよき」どちら

「快気」の正しい読み方は「かいき」であり、「こころよき」とは読みません。

この言葉に使われている「快」は音読みで「かい」と読み、訓読みは「快い」「こころよい」と読みます。

「気」は音読みで「き」「け」と読みます。

正しい読み方の結論

「快気」の正しい読み方は「かいき」であり、「こころよき」は間違いです。

「快気」の意味

「快気」とは気分や気持ちがさっぱりとしてよい状態を示す言葉です。

また「快気」には病気が治ることや全快する時にも使う言葉であり、これを祝う時に贈るものとしては「快気祝い」が有名です。

「快気」の類義語としては「快癒」がありますが、こちらは特に病気や傷がすっかりと治る時や全快する時に使います。

また「根治」「平癒」に関しては病気が治る時に使うのが特徴であり、怪我の場合にはあまり使われません。

「快気」の言葉の使い方や使われ方

・『快気祝いとして貰ったスイーツはとても美味しかったです』
・『彼女は彼の快気を願っていたが、ようやく退院の目途が付きました』
・『お見舞いに来てくれた友人に対して快気祝いのカタログギフトを贈りました』

まとめ

「快気」は気分や気持ちがさっぱりとして心地よい状態を示す言葉です。

また「快気」には病気が治ることや全快する時に使う言葉であり、お見舞いに来てくれた人に対する返礼は「快気祝い」として有名です。

「快気祝い」には色々な種類がありますが、最近ではカタログギフトやギフト券などの便利なものも存在します。

タイトルとURLをコピーしました