「快美」の読み方と意味とは?「かいび」と「かいみ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「快美」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「快美」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「快美」の正しい読み方は「かいび」と「かいみ」どちら

普段使うことの少ない言葉は、漢字の読み方に困ることがあります。

では「快美」はどのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「かいび」です。

「快」という漢字は、音読みで「カイ」「ケ」、訓読みで「こころよい」と読みます。

小学校5年生で習う漢字です。

「美」という漢字は、音読みで「ビ」「ミ」、訓読みで「うつくしい」「よい」「ほめる」と読みます。

小学校3年生で習う漢字です。

「美」「ミ」と読むのは、音訓表にはのっていません。

「美人」「美化」「美術館」などの言葉を作る漢字で、これらは「美」「ビ」と読みます。

「快美」という場合も「ビ」と読んで、「かいび」と読みます。

「かいみ」と読む漢字には「快味」があります。

「快美」の意味

これ以上ないこころよさ、またそのさまという意味です。

「快」には、こころよい、気持ちがよい、「美」には、うつくしい、きれい、ほめたたえる、よしとするという意味があります。

このことから「快美」には、こころよいという意味が含まれていることがわかります。

音楽を聞いているとします。

この音楽を聞いていると、非常に気持ちがよい感じがします。

イライラしたり、不安になったりすることはありません。

そのような気持ちがよいさまが、この言葉が意味するものです。

どのような状態を快いと感じるかは、人によって異なります。

「快美」の言葉の使い方や使われ方

・『快美な時間をすごす』

まとめ

この言葉は「かいび」と読みます。

これ以上ないこころよいさまを意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました