「急峻」の読み方と意味とは?「きゅうしゅん」と「きゅうさ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「急峻」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「急峻」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「急峻」の正しい読み方は「きゅうしゅん」と「きゅうさ」どちら

「急峻」の読み方として考えられるものに、「きゅうしゅん」「きゅうさ」があります。

「きゅうしゅん」「きゅうさ」の二つの読み方のうち、「急峻」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「急峻」の正しい読み方の結論は、「きゅうしゅん」が正しい読み方になります。

「急峻」の言葉に使われている「峻」という漢字の音読みは「シュン」、訓読みは「けわしい・きびしい・たかい」です。

「急峻」「峻」という漢字に「サ」という音読みはありません。

そのため、「急峻」「きゅうさ」と読むのは明らかな誤読ということになってしまうのです。

また「きゅうさ」という日本語自体も国語辞典の項目には記載されておらず、「きゅうさ」と読むことのできる漢字表記もないのです。

「急峻」の意味

「急峻」の意味は、「山などの傾きの角度が大きくて非常に険しいさま」を意味しています。

「急峻」というのは、「山・坂などの傾斜角がきつくて、簡単に登ったり下りたりすることができない」といった意味のニュアンスを含んでいる言葉になります。

「急峻」の言葉の使い方や使われ方

「急峻」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『急峻なこの岩山を登るにはザイルやカラビナなどの道具が必要であり、素人には登ることができないでしょう』
・『山奥にある実家に行くには、かなり急峻な坂をいくつも越えていく必要があります』
・『現代の便利な都市部で生活していると、急峻な山を登ったり下りたりする経験はまずありません』

まとめ

この記事では、「急峻」の正しい読み方「きゅうしゅん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「急峻」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました