「意識」の読み方と意味とは?「いしき」と「いお」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「意識」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「意識」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「意識」の正しい読み方は「いしき」と「いお」どちら

「意識」「意」は、音読みで「イ」、訓読みで「おも(う)」「こころ」と読みます。

また「識」は、音読みで「シキ」「シ」「ショク」、訓読みで「し(る)」「しる(す)」となります。

「意」「識」は音読みで「いしき」と読むことができます。

しかし、「識」「お」とは読まないので、「いお」と読むことはできません。

正しい読み方の結論

「意識」の正しい読み方は「いしき」です。

「識」「しき」とは読めますが、「お」とは読みません。

「意識」「いお」ではなく、「いしき」と読むようにしましょう。

「意識」の意味

「意識」とは、目覚めている状態にあることを言います。

状況や物事に気づいたり、それを考えたり、判断したりする心のことを表しています。

「意識」「意」は、「心」「志」「思い」などを意味しています。

また「識」は、「しる」「印」「しるす」などを表しています。

そのため、「意識」は漢字の意味から見ると、「思いを知る」と言うような意味合いになります。

「意識」の言葉の使い方や使われ方

・『良い習慣が身につくまでは、それを意識的に行う必要がある』
・『朝起きたばかりの時は、まだ意識がぼんやりしています』
・『彼らはお互いにライバル意識が強いようです』

まとめ

「意識」と関連した語としては、「認識(にんしき)」「自覚(じかく)」「正気(しょうき)」「感覚(かんかく)」、あるいは「気付く」などが挙げられます。

「意識」「いお」ではなく、「いしき」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

言葉の読み方や意味を知り、適切に使っていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました