「愛敬」の読み方と意味とは?「あいきょう」と「あいけい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「愛敬」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「愛敬」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「愛敬」の正しい読み方は「あいきょう」と「あいけい」どちら

「僅か」の読み方として考えられるものに、「あいきょう」「あいけい」があります。

「あいきょう」「あいけい」の二つの読み方のうち、「愛敬」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「愛敬」の正しい読み方の結論は、「あいきょう」が正しい読み方になります。

「愛敬」の言葉の「敬」という漢字の音読みは「ケイ」、訓読みは「うやまう」です。

その読み方からすると「愛敬」「あいけい」とも読めそうですが、その読み方は元々は仏教語由来の「あいぎょう」であり、清音化して「あいきょう」の読み方になりました。

そのため、「愛敬・愛嬌」「あいけい」と読むのは誤読になってしまうのです。

「愛敬」の意味

「愛敬」の意味は、「見た目や性格がかわいらしくて優しいさま」「ニコニコとしていて印象が良いこと」を意味しています。

「愛敬」には、「相手を嬉しい気持ちにするような振る舞いや表情、対応」の意味もあります。

「愛敬」の別の意味として、「ユーモアや面白さがあって憎めないさま」も指摘できます。

元々の仏教語「愛敬(あいぎょう)」は、「親しみと尊敬の気持ちを持つ」を示唆しています。

「愛敬」の言葉の使い方や使われ方

「愛敬」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『あのカフェには愛敬のある店員がいるので、その子がレジをしているとお客さんが増えるようです』
・『私は会社で愛敬を振りまいて上司に気に入られようとしているような女性が大嫌いなのです』
・『人に好かれる愛敬というものは生まれながらの部分もありますが、意識的にかわいらしく演じている部分もあります』

まとめ

この記事では、「愛敬」の正しい読み方「あいきょう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「愛敬」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました