「感情」の読み方と意味とは?「かんじょう」と「かんなさけ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「感情」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「感情」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「感情」の正しい読み方は「かんじょう」と「かんなさけ」どちら

「感情」「かんじょう」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「感」は音読みで「かん」のみ、「情」の音読みは「じょう・せい」、訓読みは「なさ(け)・こころ・おもむき」です。

「感情」と表記する場合「かんなさけ」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「感情」の正しい読み方は「かんじょう」です。

「かんなさけ」とは読みません。

「感情」の意味

「感情」の意味は「外からの刺激や影響により引き起こされる、様々な気持ちのこと」です。

あるものごとに接した時に、快・不快や喜怒哀楽など、心の中に自然に湧き上がって来る感じ方のことです。

「感情的」と使われる場合、「理性を失って激しく突き動かされる様子」という意味になります。

「感」「外部の物に触れて心が動く」という意味、「情」「ものごとに感じて起こる心の動き」という意味、「感情」「外部の物に触れて起きる心の動き」になります。

「感情」の言葉の使い方や使われ方

「感情」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『この楽曲は細やかな感情をうまく表現している』
・『社会人ならば感情をコントロールする方法を身に付けるべきだ』
・『感情論だけで進めてしまうと行き詰まる可能性が高い』

まとめ

今回は「感情」の読み方について紹介しました。

「感情」の正しい読み方は「かんじょう」で、「かんなさけ」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました