「感激」の読み方と意味とは?「かんげき」と「こんげき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「感激」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「感激」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「感激」の正しい読み方は「かんげき」と「こんげき」どちら

「感激」「感」は、音読みで「カン」、訓読みはありません。

また「激」は、音読みで「ゲキ」、訓読みで「はげ(しい)」「はげ(ます)となります。

「感」「激」を音読みにすると、「かんげき」と読むことができます。

一方、「感」「こん」とは読まないので、「こんげき」と読むことはできません。

正しい読み方の結論

「感激」の正しい読み方は「かんげき」です。

「感」「かん」とは読めますが、「こん」とは読みません。

「感激」「こんげき」ではなく、「かんげき」と読むようにしましょう。

「感激」の意味

「感激」とは、人の言動や物事を心に感じて、感情や気持ちが高まることを言います。

「感激」「感」は、「心が動く」「感じ入る」などを意味しています。

また「激」は、「はげしい」「はげます」「たかぶる」などを表しています。

そのため、「感激」は漢字の意味から見ると、「心が動いて高ぶる」と言うような意味合いになります。

「感激」の言葉の使い方や使われ方

・『思いがけない大きなサプライズなプレゼントに大感激をしました』
・『本当に感謝と感激の気持ちでいっぱいです』
・『あの時の感動、感激した出来事は一生忘れることはないでしょう』

まとめ

「感激」と関連した語としては、「歓喜(かんき)」「感悦(かんえつ)」「感動(かんどう)」「感銘(かんめい)」、あるいは「感嘆(かんたん)」などが挙げられます。

いずれも心に感じて、感心したり、感情が高まることを意味しています。

「感激」「こんげき」ではなく、「かんげき」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました