「慣例」の読み方と意味とは?「かんれい」と「なれれい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「慣例」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「慣例」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「慣例」の正しい読み方は「かんれい」と「なれれい」どちら

「慣例」「かんれい」と読みます。

「慣」の音読みは「かん」、訓読みは「な(れる)・な(らす)・ならわし」「例」の音読みは「れい」、訓読みは「たと(える)・たぐい・ためし」です。

「慣例」と表記する場合「なれれい」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「慣例」の正しい読み方は「かんれい」です。

「なれれい」とは読みません。

「慣例」の意味

「慣例」の意味は、「繰り返し行われたことにより、通常そうすることになっている事柄のこと」です。

日常生活で、普段から何度も行われていることであり、人が判断する時にそうするのが普通であると定着されている方法や手順、考え方などを表します。

文章化されていることもあれば、常識的にそう考えられている事柄もあります。

「慣」「いつも繰り返してきた行い」「何度も同じ事を繰り返してなじむ」という意味、「例」「引き比べて参照すべき事柄」「以前から行われている事柄」という意味、「慣例」「以前から繰り返し行われてきて知られていること」になります。

「慣例」の言葉の使い方や使われ方

「慣例」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『慣例に従い新役員全員がひとこと挨拶する』
・『慣例に従い村の有力者へ地主が挨拶回りに行く』
・『慣例により社内結婚をしたら女性が退職することになっている』

まとめ

今回は「慣例」の読み方について紹介しました。

「慣例」の正しい読み方は「かんれい」で、「なれれい」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました