「憲兵」の読み方と意味とは?「けんぺい」と「のりへい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「憲兵」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「憲兵」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「憲兵」の正しい読み方は「けんぺい」と「のりへい」どちら

「憲兵」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「憲」の漢字の音読みは「ケン」で、訓読みは「のり・のっと(る)」です。

また、「兵」の漢字の音読みは「ヘイ・ヒョウ」で、訓読みは「つわもの・いくさ」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「けんへい」と読むことが出来、これが音変化の半濁化すれば「けんぺい」と読める可能性があることが分かります。

また、訓読み+音読みで繋いで、いわゆる湯桶読みすれば、「のりへい」と読める可能性があることも分かります。

さて、「憲兵」の正しい読み方は「けんぺい」「のりへい」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「憲兵」の正しい読み方は「けんぺい」で、「のりへい」と読むのは間違いです。

この熟語においては、少し特殊な湯桶読みではなく、最も一般的な音読みを重ねた読み方の方が正しいと言うことです。

ちなみに、「憲」の漢字を「のり」と読ませる熟語は、辞書を調べても見つけることが出来ませんでした。

「憲兵」の意味

「憲兵」とは「旧日本陸軍において、軍事警察をつかさどる兵のこと」を意味する言葉です。

「憲兵」の言葉の使い方や使われ方

・『軍隊内を取り締まる憲兵が、いつしか国民の思想統制も、担うようになっていった』
・『軍隊においては、憲兵はある意味恐れられる存在です』

まとめ

「憲兵」の正しい読み方は「けんぺい」で、「のりへい」と読むのは間違いです。

「憲兵」とは「旧日本陸軍において、軍事警察をつかさどる兵のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました