「成熟」の読み方と意味とは?「せいじゅく」と「なるじゅく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「成熟」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「成熟」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「成熟」の正しい読み方は「せいじゅく」と「なるじゅく」どちら

成熟の漢字表記を目にした人の中には何となく、なるじゅくと読んでしまう人がいるものです。

確かに最初の成の漢字には、なるという読みがあるし、後に続く熟の漢字も、半熟といった言葉の様に、じゅくという読みがあります。

そのためそれら2つの漢字を繋げて、成熟を、なるじゅくと読んでしまう事自体は理解出来なくもありません。

所が実際は、成熟の漢字は、なるじゅくとは読まず、せいじゅくと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

成熟は、せいじゅくと読むのが正解な言葉です。

というのも成の漢字はなる以外にも、構成といった言葉を見れば理解出来る様に、せいという読みを持っている上に、熟の漢字は前記した様にそのまま、じゅくと読む事が出来ます。

以上の事から、成の漢字のせい読みの方を選択し、熟の漢字のじゅく読みと組み合わせる事で、成熟の漢字は、せいじゅくと読めるのです。

「成熟」の意味

成熟は、育つや一人前になる等の意味を持っている成の漢字に、十分に成長するとかうれるといった意味を有する熟の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ成熟は、果物等が十分に熟す事や、人の身体や心が十分に成長する事といった意味を表すのです。

「成熟」の言葉の使い方や使われ方

・『この桃はしっかりと成熟していて、甘みが強いです』
・『身体はともかく心が十分に成熟し切れず、子供の様な我が儘さを持つ大人が増えた様に感じられます』
・『この地域は、日照時間の関係で他地域よりも葡萄が成熟するのが早いです』

まとめ

成の漢字は、なると読む事があるし、熟の漢字は、じゅくと読む事が出来ます。

ですがそれらの漢字の読みをシンプルに合わせて、成熟を、なるじゅくと読むのは間違いです。

成熟の漢字は、なるじゅくではなく、せいじゅくと読むべき言葉となっています。

そんな成熟は、穀物や果物が熟す事や、人の身体とか心が十分に成長する事といった意味を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました