「手懐ける」の読み方と意味とは?「てなずける」と「てなづける」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「手懐ける」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「手懐ける」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「手懐ける」の正しい読み方は「てなずける」と「てなづける」どちら

「手懐ける」「手」は、音読みで「シュ」「ズ」、訓読みで「て」「た」と読みます。

また「懐」は、音読みで「カイ」、訓読みで「なつ(く)」「なつ(かしい)」「ふところ」などとなります。

「手」「懐」のどちらも訓読みで読むと、「てなづける」と読めます。

一方、「懐」の訓読みは「なつ」なので、「なず」とは読めなさそうですが、「手懐ける」「てなずける」と読むことができます。

正しい読み方の結論

「手懐ける」「てなずける」「てなづける」のどちらでも読むことができます。

ただし、「てなづける」も許容されていますが、「てなずける」の読み方が一般的に使われています。

「ず」は現代仮名遣いの基本となっていて、「づ」は歴史的仮名遣いになります。

さらに、それぞれの語の組み合わせによって、「ず」「づ」の使われ方が異なります。

「手懐ける」の意味

「手懐ける」とは、動物などを自分に懐くようにすることを言います。

あるいは、うまい手段を使って、相手を味方に引き入れたり、手下にすることを表しています。

「手懐ける」「手」は、「て」「自分の手で」「やり方」などを意味しています。

また「懐」は、「いだく」「なつく」「なつける」などを表しています。

「手懐ける」は漢字の意味から見ると、「自分の手で懐ける」と言うような意味合いになります。

「手懐ける」の言葉の使い方や使われ方

・『犬を手懐ける方法をネットで調べる』
・『鳥を手懐けるやり方を教えてもらう』
・『部活の後輩を手懐ける』

まとめ

「手懐ける」と似た意味を持つ語としては、「懐柔(かいじゅう)する」「籠絡(ろうらく)する」「丸め込む」などが挙げられます。

「手懐ける」「てなずける」「てなづける」のどちらでも読めますが、「てなずける」が一般的で、「てなづける」も許容されているということを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました