「手技」の読み方と意味とは?「しゅぎ」と「てわざ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「手技」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「手技」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「手技」の正しい読み方は「しゅぎ」と「てわざ」どちら

「手技」の読み方として考えられるものに、「しゅぎ」「てわざ」があります。

「しゅぎ」「てわざ」の二つの読み方のうち、「手技」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「手技」の正しい読み方の結論は、「しゅぎ」「てわざ」のどちらとも正しい読み方になります。

ただし「手技」という言葉のポピュラーな読み方は「しゅぎ」のほうであり、「てわざ」という読み方は柔道の技の分野で使われる特別な読み方になります。

「てわざ」と読んでも誤読ではないのですが、一般的に多くの人からよく使われている読み方は「しゅぎ」になります。

「手技」の意味

「手技(しゅぎ)」の意味は、「手を使って行う仕事」を意味しています。

「手技」という言葉は、「手および手先を使用する技術のある仕事・作業」といった意味合いを持っているのです。

「手技」は幅広い分野の「手でするわざ・手仕事」に使われる言葉であり、「大工仕事・工芸品をつくる作業・医療の手術」などすべて「手技」の一つになります。

「手技」「てわざ」と読むときは、「手先の動きだけで相手を投げ倒す柔道の技術・わざ」を指しています。

「手技」の言葉の使い方や使われ方

「手技」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『彼は優れた手技の技術を持つ外科医であり、過去に100件以上の同種の手術を成功させています』
・『複雑な伝統工芸品を仕上げる手技を身に付けるためには、相当な練習と熟達の年月がかかります』
・『柔道で小手先の手技ばかりを使用する選手に、本当に強い選手はめったにいません』

まとめ

この記事では、「手技」の正しい読み方「しゅぎ・てわざ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「手技」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました