「抑制」の読み方と意味とは?「よくせい」と「そっせい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「抑制」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「抑制」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「抑制」の正しい読み方はどちら

「抑制」の読み方として考えられるものに、「よくせい」「そっせい」があります。

「よくせい」「そっせい」の二つの読み方のうち、「抑制」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「抑制」の正しい読み方の結論は、「よくせい」が正しい読み方になります。

「抑制」の言葉で使用している「抑」という漢字の音読みは「ヨク」、訓読みは「おさえる」です。

「抑制」「抑」の漢字には、「ソッ」という音読みの読み方はありません。

そのため、「抑制」「そっせい」と読むのは、明らかな読み間違えであると判断できるのです。

「抑制」の意味

「抑制」の意味は、「ある行為や現象の勢いを抑えること」「それ以上程度(勢い)が激しくならないようにおさえてとどめること」を意味しています。

「抑制」の言葉には、「物理的・現象的におさえること」だけではなく「意識的・心理的に衝動をおさえること」といった意味合いも備わっています。

「抑制」の意味として、「思考・感情・欲望などを意識的におさえること、おさえて制御すること」も挙げることができます。

「抑制」の言葉の使い方や使われ方

「抑制」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『現在でこそ少子化が問題となり子供を増やそうとしていますが、昭和中期までは人口増加の抑制が政治課題になっていました』
・『怒りや憎悪の感情を上手く抑制できないと、他人を衝動的に傷つけてしまう型の犯罪を起こしやすくなります』
・『ウクライナ戦争による物価上昇や円安の進行を抑制するための経済政策には限界があるようです』

まとめ

この記事では、「抑制」の正しい読み方「よくせい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「抑制」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の内容を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました