「拡声」の読み方と意味とは?「かくせい」と「かくごえ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「拡声」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「拡声」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「拡声」の正しい読み方は「かくせい」と「かくごえ」どちら

「拡声」の読み方として考えられるものに、「かくせい」「かくごえ」があります。

「かくせい」「かくごえ」の二つの読み方のうち、「拡声」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「拡声」の正しい読み方の結論は、「かくせい」が正しい読み方になります。

「拡声」の言葉で使われている「声」という漢字の訓読みは「こえ」、音読みは「せい」です。

「拡声」の言葉においては音読みの「せい」を採用して「かくせい」と読みます。

そのため、「拡声」「かくごえ」と読むのは明らかな誤読として判断されます。

また「かくごえ」という日本語そのものが存在せず、国語辞典にも「かくごえ」の項目はないのです。

「拡声」の意味

「拡声」の意味は、「声のボリュームを大きくすること」を意味しています。

「拡声」というのは、「主に拡声器(メガホンなど)を使用してより大勢の人々に声が聞こえるように、声の大きさを拡大すること」を指している言葉なのです。

「拡声」の言葉の使い方や使われ方

「拡声」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『演説では自分の声を張り上げるだけでは限界があるので、拡声器を使うことでよりたくさんの人たちにメッセージを届けられます』
・『効果的に拡声するための代表的な機器として、スピーカーやマイク、メガホンなどがあります』
・『政治的な街宣活動で拡声器を使用する場合でも、一般市民に迷惑にならないボリュームに調整する必要があります』

まとめ

この記事では、「拡声」の正しい読み方「かくせい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「拡声」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の内容を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました