「挨拶」の読み方と意味とは?「あいさつ」と「ひらさつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「挨拶」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「挨拶」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「挨拶」の正しい読み方は「あいさつ」と「ひらさつ」どちら

「挨拶」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「挨」の漢字の音読みは「アイ」で、訓読みは「お(す)・ひら(く)」です。

また、「拶」の漢字の音読みは「サツ」で、訓読みは「せま(る)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「あいさつ」と読むことが出来ることが分かります。

また、二つの漢字を訓読み+音読みで繋いで、いわゆる「湯桶読み」すれば、「ひらさつ」と読める可能性があることも分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいかは、この分析からは判断できません。

さて、「挨拶」の正しい読み方は「あいさつ」「ひらさつ」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「挨拶」の正しい読み方は「あいさつ」で、「ひらさつ」と読むのは間違いです。

この熟語では、少し特殊な「湯桶読み」ではなく、最も一般的な音読みを重ねた読み方が正しいということになります。

また、この熟語は、日常的によく使われるので、正しく読めるようにしたいものです。

「挨拶」の意味

「挨拶」とは、「人に会った際や、別れる際などに取り交わす礼にかなった動作や言葉のこと」を意味する言葉です。

「挨拶」の言葉の使い方や使われ方

・『この小学校では、登校時の挨拶運動が行われています』
・『改めてご挨拶に伺いますが、取り急ぎメールにて、お礼申し上げます』

まとめ

「挨拶」の正しい読み方は「あいさつ」で、「ひらさつ」と読むのは間違いです。

また、この「挨拶」とは、「人に会った際や、別れる際などに取り交わす礼にかなった動作や言葉のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました