「推察」の読み方と意味とは?「すいさつ」と「すいさ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「推察」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「推察」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「推察」の正しい読み方は「すいさつ」と「すいさ」どちら

「推察」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「推」の漢字の音読みは「スイ」で、訓読みは「お(す)」です。

また、次の「察」の漢字の音読みは「サツ」で、訓読みは「あき(らか)・み(る)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「すいさつ」と読めることが分かります。

しかし、「察」の漢字の読みは「さ」との読みはなく、「すいさ」と読むことは出来ず、間違いではないかと考えられます。

さて、「推察」の正しい読み方は「すいさつ」「すいさ」の、いずれなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「推察」の正しい読み方は「すいさつ」で、「すいさ」と読むのは、先に記した通り間違いです。

「察」の漢字に似ていて、読みが「さ」の漢字は見当たらず、なぜ「すいさ」と読み間違えることがあるのかは、よく分かりません。

「推察」の意味

「推察」とは、「他人の事情や心中を思いやることや、思い巡らし、おしはかること」を意味する言葉です。

「推察」の言葉の使い方や使われ方

・『実験結果が予想外であったため、その原因を色々と推察したが、明らかな原因は分からなかった』
・『彼女は、恋人はいないと話していたが、その口ぶりから推察するときっといると思われます』
・『君の推察は余りにもうがった見方によるもので、邪推と言えるものです』

まとめ

「推察」の正しい読み方は「すいさつ」で、「すいさ」と読むのは、先に記した通り間違いです。

また、この「推察」とは、「他人の事情や心中を思いやることや、思い巡らし、おしはかること」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました