「推論」の読み方と意味とは?「すいろん」と「おすろん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「推論」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「推論」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「推論」の正しい読み方は「すいろん」と「おすろん」どちら

推論の漢字を見た人の中には、おすろんという読み方をする人もいるものです。

ただし後ろの論の漢字は、理論といった言葉を見れば分かる通り、ろんという読みがありますが、最初の推の漢字は推すという言葉の様に、おという読みはありますが、おすという読みまではなかったりします。

そのため推論は、おすろんと読む事も出来ないので、この様な読み方をするのは間違いです。

推論の漢字は、おすろんではなく、すいろんと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

推論は、すいろんと読むべき言葉です。

そもそも推の漢字は、おという読み以外にも、推理といった言葉の様に、すいという読みがある上に、論の漢字は前記した様にそのまま、ろんという読みがあります。

だからこそ、推の漢字のすい読みと、論の漢字のろん読みを繋げる事で、推論の漢字を、すいろんと読む事が出来るのです。

「推論」の意味

推論は、考えをおし進めるやおし図るといった意味を持っている推の漢字に、筋道を立てて述べるといった意味を所有する論の漢字を、付け加える事により完成した言葉となっています。

以上の事から推論は、ある事実を基準にして未知の事柄をおしはかる事を示すのです。

「推論」の言葉の使い方や使われ方

・『とある実験結果から、推論してみました』
・『これは当てずっぽうではなく、知識に基づく推論です』
・『検証した結果、彼が推論していた通りの結果が得られました』

まとめ

推の漢字には単体で、おすという読みは存在しません。

お陰で推論の漢字を、おすろんと読む事は出来ないので、この様な読み方をするのは誤りです。

推論の漢字は、おすろんではなく、すいろんと読むのが正解な言葉となっています。

更にそんな推論は、事実を基にしてとある事柄をおしはかるといった意味を表す際に、使用される言葉です。

タイトルとURLをコピーしました