「損傷」の読み方と意味とは?「そんしょう」と「そんきず」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「損傷」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「損傷」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「損傷」の正しい読み方は「そんしょう」と「そんきず」どちら

「損傷」「そんしょう」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「損」の音読みは「そん」、訓読みは「そこ(なう)・そこ(ねる)・へ(る)」「傷」の音読みは「しょう」、訓読みは「きず・いた(む)・いた(める)・そこ(なう)」です。

「損傷」と表記する場合「そんきず」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「損傷」の正しい読み方は「そんしょう」です。

「そんきず」とは読みません。

「損傷」の意味

「損傷」の意味は「人や物などが刺激や衝撃などを受けて壊れたりケガすること」です。

強い刺激や衝撃により、見た目が悪くなったり、元通りの働きができなくなることです。

「損」「価値を減らしたり傷つけたりする」という意味、「傷」「表面が裂けたり破れたりする」という意味、「損傷」「価値を減らしたり、表面が裂けたり破れたりすること」になります。

基本的に、人や物など、形あるものに対して使われる言葉です。

「損傷」の言葉の使い方や使われ方

「損傷」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『転んだ時に脳を損傷している恐れがある』
・『コンビニに車が突っ込み損傷を受ける』
・『大型台風により建物の外壁が損傷する』

まとめ

今回は「損傷」の読み方について紹介しました。

「損傷」の正しい読み方は「そんしょう」で、「そんきず」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました