「操車」の読み方と意味とは?「そうしゃ」と「そうぐるま」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「操車」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「操車」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「操車」の正しい読み方は「そうしゃ」と「そうぐるま」どちら

「操車」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語で使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「操」の漢字の音読みは「ソウ」で、訓読みは「みさお・あやつ(る)」です。

また、次の「車」の漢字の音読みは「シャ」で、訓読みは「くるま」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「そうしゃ」と読めることが分かります。

また、音読み+訓読みで繋いで、いわゆる重箱読みすれば、「そうくるま」と読め、それが発音を容易にする連濁の音変化をすれば「そうぐるま」と読める可能性があることも分かります。

しかし、ここからいずれの読み方が正しいかを判断することは出来ません。

さて、「操車」の正しい読み方は「そうしゃ」「そうぐるま」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論として、「操車」の正しい読み方は「そうしゃ」で、「そうぐるま」と読むのは間違いです。

この熟語においては、少し特殊な重箱読みではなく、最も一般的な音読みを重ねた読み方の方が、正しいと言うことになります。

「操車」の意味

「操車」とは、「列車などの車両の編成や入れ替えや配置などを行うこと」を意味する言葉です。

「操車」の言葉の使い方や使われ方

・『この列車は、ここから操車場に入るそうです』
・『ゴールデンウイークの観光客に対応するために、臨時ダイヤが組まれており、それに沿って操車が忙しく行われています』

まとめ

「操車」の正しい読み方は「そうしゃ」で、「そうぐるま」と読むのは間違いです。

また、この「操車」とは、「列車などの車両の編成や入れ替えや配置などを行うこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました