「改善」の読み方と意味とは?「かいぜん」と「かいよし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「改善」の読み方と意味とは? 読み方

物事を発展させるためには「改善」の積み重ねが重要だとされています。

この言葉はどのような行為を表し何が正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「改善」の正しい読み方と意味について解説します。

「改善」の正しい読み方は「かいぜん」と「かいよし」どちら

「改善」という言葉の読み方として使えそうなのが「かいぜん」「かいよし」の2つです。

「かいぜん」「かいよし」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「改善」の正しい読み方は「かいぜん」です。

「改」「改定」【かいてい】「改心」【かいしん】など「かい」と読みます。

「善」「善戦」【ぜんせん】「独善」【どくぜん】など「ぜん」と読むほか、「三善」【みよし】「善治」【よしはる】など主に人名として「よし」と読まれます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「かいぜん」「かいよし」のうち「改善」の正しい読み方は「かいぜん」です。

「改善」の意味

「改善」とは、「悪いところを改めてより良くすること」を意味する言葉です。

物事を良いものにするための行為を指す言葉で、不都合な箇所や劣っている部分などを良いものへと改める行為を指します。

基本的には物事の一部を改めてより良い状態に近づけることを意味し、デザインを見直して使いやすくしたりはっきりした色に変えて見やすくしたりなど以前よりも好ましい状態へと改められる変化が「改善」です。

「改善」の言葉の使い方や使われ方

・『改善を積み重ねていく』
・『分かりにくかった部分が改善された』
・『高齢者でも使いやすいようデザインの改善を求める』

まとめ

「改善」の正しい読み方は「かいぜん」「かいよし」と読むのは間違いです。

普段の会話でも使う言葉なので意味と読み方を正しく理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました