「政権」の読み方と意味とは?「せいけん」と「せいごん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「政権」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「政権」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「政権」の正しい読み方は「せいけん」と「せいごん」どちら

「政権」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みをチェックしておきます。

「政」の漢字の音読みは「セイ・ショウ」で、訓読みは「まつりごと」です。

また、次の「権」の漢字の音読みは「ケン・ゴン」で、訓読みは常用漢字外の読みですが、「いきお(い)・おもり・はか(る)・かり」です。

ここから、音読み+音読みで繋げれば、「せいけん」「せいごん」のいずれとも読めることが分かります。

しかし、肝心のいずれが正しいかは、ここからは残念ながら判断することが出来ません。

さて、「政権」の正しい読み方は「せいけん」「せいごん」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「政権」の正しい読み方は「せいけん」で、「せいごん」と読むのは間違いです。

一般的には「権」の漢字を使う熟語では「けん」と読ませるものが圧倒的に多く、「ごん」と読ませる熟語は、「権化(ごんげ)」「権現(ごんげん)」など、限られています。

「政権」の意味

「政権」とは、「政策を実行して、統治機構を動かす権力のこと」を意味します。

「政権」の言葉の使い方や使われ方

・『この政権は、国民のためではなく、自分達の権力と利権のための政治を行っていると強い反発を受けている』
・『内閣支持率が30%前後に低下した政権は、危険水準にあると評されます』
・『政権交代を可能とするには、2大政党の存在とバランスが必要だと言われることが少なくありません』

まとめ

「政権」の正しい読み方は「せいけん」で、「せいごん」と読むのは間違いです。

また、この「政権」とは、「政策を実行して、統治機構を動かす権力のこと」を意味します。

タイトルとURLをコピーしました