「敬意」の読み方と意味とは?「けいい」と「きょうい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「敬意」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「敬意」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「敬意」の正しい読み方は「けいい」と「きょうい」どちら

敬意の漢字を目にした人の中には思わず、きょういと読んでしまう人もいるものです。

確かに最初の敬の漢字には、きょうという読みがあるし、後に続く意の漢字には、いという読みが普通にあります。

お陰でその2つの読みを合体させて、敬意を、きょういと読む事自体は理解出来なくもありません。

所が残念ながら、敬意を、きょういと読むのは間違いで、けいいと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

敬意は、けいいと読むべき言葉です。

そもそも敬の漢字は、きょう以外にも、けいという読みがある上に、意の漢字の方も前記した様にそのまま、いという読みを持っています。

だからこそ敬意は、敬の漢字のけい読みを選択し、それを意の漢字の、い読みと合わせる事によって、けいいと読めるのです。

「敬意」の意味

敬意は、うやまうや身を引き締めてうやうやしくするといった意味を持つ敬の漢字に、思う事や考え等の意味を有する意の漢字を付け加える事によって完成した言葉となっています。

以上の事から敬意は、尊敬する気持ちを示すのです。

「敬意」の言葉の使い方や使われ方

・『私は単に年上だからという理由だけで、相手に敬意を払うつもりはありません』
・『上司にはもっと敬意を払って接するべきです』
・『ボランティアの皆さんの暖かいお心遣いに、心から敬意を表します』

まとめ

敬の漢字には、きょうという読みがあるし、意の漢字は、いと読む事が出来ます。

ですがその2つの読みを単純に組み合わせて、敬意を、きょういと読むのは誤りです。

敬意は、きょういではなく、けいいと読むのが正解な言葉となっています。

更にそんな敬意は、相手を敬ったり尊敬する気持ち、といった意味を表現する際に、使われる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました