「敬礼」の読み方と意味とは?「けいれい」と「きょうれい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「敬礼」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「敬礼」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「敬礼」の正しい読み方は「けいれい」と「きょうれい」どちら

「敬礼」の読み方として想定できるものに、「けいれい」「きょうれい」があります。

「けいれい」「きょうれい」の二つの読み方のうち、「敬礼」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「敬礼」の正しい読み方の結論は、「けいれい」が正しい読み方になります。

「敬礼」の名詞に使用されている「敬」という漢字の訓読みは「うやまう」、音読みは「ケイ・キョウ」です。

ただし「敬礼」においては音読みの「ケイ」が採用されて「けいれい」と読みます。

そのため、「敬礼」「きょうれい」と読むのは明らかな誤読として判断されます。

また「きょうれい」と読める漢字表記は、「敬礼」ではなく「教令」になります。

「敬礼」の意味

「敬礼」の意味は、「相手に対して敬意および敵意のなさを表現するための形式的な礼」になります。

「敬礼」というのは、「主に軍隊において階級上の下位者が上位者に対して行う敬意をこめた礼」を指す言葉です。

「敬礼」を受けた上官(上位者)は「答礼」を返して応え、同位者も「敬礼」を返します。

「敬礼」の言葉の使い方や使われ方

「敬礼」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

『軍隊では上官に対する正しい形式に従った敬礼は義務であり、敬礼を受ければ必ず敬礼を返さなければなりません』

・『軍の敬礼には手を使用するものだけではなく、銃器や剣(サーベル)、旗、楽器などを用いた敬礼もあります』
・『敬礼は元々同じ軍隊および同盟軍に属する仲間に対して、敵意がないことを明らかにする目的で普及していったものです』

まとめ

この記事では、「敬礼」の正しい読み方「けいれい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「敬礼」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました