「敬老」の読み方と意味とは?「けいろう」と「きょうろう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「敬老」の読み方と意味とは? 読み方

「敬老」は祝日の名称にもなっている言葉ですが、何を意味する言葉でどう読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「敬老」の正しい読み方と意味について解説します。

「敬老」の正しい読み方は「けいろう」と「きょうろう」どちら

「敬老」という言葉の読み方としては「けいろう」「きょうろう」の2つが考えられます。

「けいろう」「きょうろう」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「敬老」の正しい読み方は「けいろう」です。

「敬」には「敬愛」【けいあい】「尊敬」【そんけい】など「けい」と読むほか、「敬礼」【きょうらい】「敬田」【きょうでん】など「きょう」とも読みます。

「老」「老齢」【ろうれい】「長老」【ちょうろう】など「ろう」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「けいろう」「きょうろう」のうち「敬老」の正しい読み方は「けいろう」です。

「敬老」の意味

「敬老」とは、「年寄りを尊敬し礼を尽くすこと」を意味する言葉です。

高齢になった人に対し尊敬の気持ちを示し大切に扱うことを表します。

「敬老」「敬」「敬う」【うやまう】とも読み、尊敬の念を示して大切に扱うことを意味します。

長く生きてきた高齢者に対し敬意を払い目上の人間として丁重に扱うことを表す言葉が「敬老」です。

一般的には「高齢者を大事にする」といったような意味合いで使われています。

「敬老」の言葉の使い方や使われ方

・『来週の月曜日は敬老の日だ』
・『近頃の若者にしては珍しい敬老精神の持ち主である』
・『敬老の心が優しい社会を作る』

まとめ

「敬老」の正しい読み方は「けいろう」「きょうろう」と読むのは間違いです。

日常会話ではあまり使いませんが祝日の名称にもなっている言葉なので正しい意味と読み方を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました