「新株」の読み方と意味とは?「しんかぶ」と「あらかぶ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「新株」の読み方と意味とは? 読み方

「新株」とは特定の株式を表す言葉です。

具体的にはどのような株式のことでどう読めばいいのでしょうか。

今回は、「新株」の正しい読み方と意味について解説します。

「新株」の正しい読み方は「しんかぶ」と「あらかぶ」どちら

「新株」の読み方をそれぞれの漢字の読みから考えると「しんかぶ」「あらかぶ」が浮かびます。

「しんかぶ」「あらかぶ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「新株」の正しい読み方は「しんかぶ」です。

「新」には「新品」【しんぴん】「革新」【かくしん】など「しん」という読み方と、「新手」【あらて】「新馬」【あらうま】など「あら」という読み方があります。

「株」「株券」【かぶけん】「古株」【ふるかぶ】など「かぶ」と読みます。

それぞれの読み方を組み合わせてできる「しんかぶ」「あらかぶ」のうち「新株」の正しい読み方は「しんかぶ」です。

「新株」の意味

「新株」とは、「株式会社によって新しく発行される株式」を指す言葉です。

株式会社が資金を調達するために発行する証券のことを「株式」といいます。

株式は簡単に言えば会社の所有権を分割し証券化したものです。

株式会社設立時に出資比率に応じて発行した株券を分配しますが、増資や合併などの理由で新たに株式を発行することがあります。

株式会社を新しく発行する株式を指す言葉が「新株」です。

「新株」が発行されると一株当たりの希少価値が下がるため基本的に価格は下落しますが、取引量の増加や将来成長への期待などで価格が上昇することもあります。

「新株」の言葉の使い方や使われ方

・『新株の発行が発表された』
・『資金調達のため新株を発行する』
・『株主の多くは新株の発行に反対した』

まとめ

「新株」の正しい読み方は「しんかぶ」です。

「あらかぶ」などその他の読み方はすべて誤りなので読み間違えないように憶えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました