「暫時」の読み方と意味とは?「ざんじ」と「しばとき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「暫時」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「暫時」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「暫時」の正しい読み方は「ざんじ」と「しばとき」どちら

「暫時」の読み方として予想できるものに、「ざんじ」「しばとき」があります。

「ざんじ」「しばとき」の二つの読み方のうち、「暫時」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「暫時」の正しい読み方の結論は、「ざんじ」が正しい読み方になります。

「暫時」の言葉で使われている「暫」という漢字の音読みは「ザン」、訓読みは「しばらく・しばし」です。

「暫時」という言葉では「暫」「時」も音読みするのが正しい読み方で「ざんじ」と読みます。

そのため、「暫時」の言葉を「しばとき」と読むのは、明らかな誤読として判断されるのです。

「暫時」の意味

「暫時」の意味は、「しばらくの間の時間」を意味しています。

「暫時」という言葉の「暫」の漢字は「暫く(しばらく)」と訓読みすることができるので、「暫時」の意味もそのまま「しばらく」になるのです。

「暫時」には「長くはない少しの時間」といったニュアンスがあり、副詞的な用法もあります。

「暫時」の言葉の使い方や使われ方

「暫時」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『長らく体調不良が続いていたので相談すると、暫時の休養を取るようにと医師から勧められました』
・『暫時の戦闘のように思えましたが、気づくと一時間以上は経っていて大勢の死傷者が周りに倒れていました』
・『皆さん本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます、今から暫時ランチタイムとなります』

まとめ

この記事では、「暫時」の正しい読み方「ざんじ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「暫時」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました