「朝晩」の読み方と意味とは?「あさばん」と「ちょうばん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「朝晩」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「朝晩」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「朝晩」の正しい読み方は「あさばん」と「ちょうばん」どちら

「朝晩」の読み方として想定できるものに、「あさばん」「ちょうばん」があります。

「あさばん」「ちょうばん」の二つの読み方のうち、「朝晩」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「朝晩」の正しい読み方の結論は、「あさばん」が正しい読み方になります。

「朝晩」の言葉で使用されている「朝」という漢字の音読みは「ちょう」、訓読みは「あさ」です。

ただし「朝晩」という漢熟語においては、「ちょう」の音読みではなく「あさ」の訓読みが採用されます。

そのため、「朝晩」「ちょうばん」と読むのは、明らかな誤読ということになってしまうのです。

「朝晩」の意味

「朝晩」の意味は、「朝の時間帯と晩(夜)の時間帯」を意味しています。

「朝晩」という言葉は、「朝夕(あさゆう)」という言葉の同義語としても解釈することができます。

また「朝晩」というのは、明け暮れの意味からの類推で「いつも・四六時中」を意味している言葉でもあるのです。

気象庁の定義では、「朝は0時頃~9時頃」「夜は18時頃~24時頃」になります。

「朝晩」の言葉の使い方や使われ方

「朝晩」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

『朝晩の気温がだいぶ下がってくると、シビアな猛暑の季節ももうすぐ終わりに近づくという実感が生まれます』

・『妻と愛犬と一緒に朝晩、自宅の周りを散歩して雑談するのが楽しみの一つです』
・『朝晩必死に勉強して、難関の司法試験に在学中に合格することができたのです』

まとめ

この記事では、「朝晩」の正しい読み方「あさばん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「朝晩」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました