「未熟」の読み方と意味とは?「みじゅく」と「びじゅく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「未熟」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「未熟」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「未熟」の正しい読み方は「みじゅく」と「びじゅく」どちら

「未熟」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語で使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「未」の漢字の音読みは「ミ」で、常用漢字外の読みで「ビ」との読みもあります。

訓読みも、常用漢字外の読みですが、「いま(だ)・ ま(だ)・ひつじ」です。

また、「熟」の漢字の音読みは「ジュク」で、訓読みは「う(れる)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「みじゅく」とも「びじゅく」とも読める可能性があることが分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいかは、この分析から判断することは出来ません。

さて、「未熟」の正しい読み方は「みじゅく」「びじゅく」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「未熟」の正しい読み方は「みじゅく」で、「びじゅく」と読むのは間違いです。

二つの音読みのいずれの読みを使うのが正しいのかは、一般的に推察できず、覚える以外に方法はありません。

ちなみに「未」の漢字を使った熟語で、「び」と読ませる熟語は「十二支のひつじ」を意味する「丁未」以外辞書を調べても見当たらず、この熟語と同様に「み」と読ませるのが、一般的です。

「未熟」の意味

「未熟」とは「果実などが、まだ十分に熟していないこと」及び、そこから転じた「学問や技術などの経験や修練がまだ十分でないこ」を意味する言葉です。

「未熟」の言葉の使い方や使われ方

・『彼はまだまだ未熟ですが、筋が良く、将来が楽しみです』
・『いかに未熟でも、取引先と接する場合は、会社を代表することになるので、甘えは許されません』

まとめ

「未熟」の正しい読み方は「みじゅく」で、「びじゅく」と読むのは間違いです。

また、この「未熟」とは「学問や技術などの経験や修練がまだ十分でないこ」を意味する言葉として、よく使われます。

タイトルとURLをコピーしました