「本誌」の読み方と意味とは?「ほんし」と「もとし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「本誌」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「本誌」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「本誌」の正しい読み方は「ほんし」と「もとし」どちら

普段使う機会が少ない言葉は、漢字の読み方に迷うことがあります。

それでは、どのよう読み方をするのか解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「ほんし」です。

「本」という漢字は、音読みで「ホン」、訓読みで「もと」と読みます。

人の名前に使うときには、「なり」「はじめ」とも読みます。

小学校1年生で習う常用漢字です。

「誌」という漢字は、音読みで「シ」、訓読みで「しるす」と読みます。

小学校6年生で習う常用漢字です。

「本」「ほん」とも「もと」とも読むことができるのですが、この場は「ほん」と読みます。

「もとし」という言葉はなく、「本誌」「もとし」と読むことはしません。

「本誌」の意味

この言葉には2つの意味があります。

ひとつは、別冊や付録に対しての、雑誌の本体となる部分です。

雑誌によっては、別冊がついてくることがあります。

別冊の方が本体に比べて薄い傾向があります。

この別冊に対するものを「本誌」といいます。

付録や別冊とは違うものであることを表しています。

別冊はおまけのようについていて、中心となるものではありません。

この言葉が指すものは、雑誌の中心となる部分のことなのです。

もう一つの意味は、話題にしている雑誌です。

話し手が指している雑誌のことをいいます。

その雑誌を話題に出しているときや、それを作った人などが、このような言い方をします。

「本誌」の言葉の使い方や使われ方

・『本誌に掲載されている』

まとめ

「ほんし」と読む漢字です。

雑誌の本体となる部分、話し手が指している雑誌という意味を持っています。

タイトルとURLをコピーしました