「枚数」の読み方と意味とは?「まいすう」と「まいかず」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「枚数」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「枚数」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「枚数」の正しい読み方は「まいすう」と「まいかず」どちら

普段使っている言葉でも、漢字で書いてあると読み方がわからなくなることがありません。

では、「枚数」はどのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「まいすう」です。

「枚」という漢字は、音読みで「マイ」「バイ」、訓読みで「ひら」と読みます。

小学校6年生で習う常用漢字です。

「数」という漢字は、音読みで「スウ」「ス」「シュ」「サク」「ソク」、訓読みで「かず」「かぞえる」「しばしば」と読みます。

小学校2年生で習う常用漢字です。

「数」はこの漢字だけで書いてあると「かず」と読むことが多いので、「枚数」「まいかず」と読みたくなります。

しかし、このような読み方はしません。

また、「まいかず」という言葉はないです。

「枚数」の意味

紙や板などがいくつかあるかを表すことという意味です。

「枚」には、紙や板など薄くて平たいものを数える語という意味があり、「数」にはかず、いくら、いくつという意味があります。

このことから「枚数」には、紙や板などの薄くて平たいものがいくつかあるか、という意味があることがわかります。

薄くて平たいものの数のことで、厚みのあるものの数のことではありません。

紙、カード、写真、紙幣、チケットなどの数のことをいいます。

ボールや棒などは薄くも平たくもないので、その数を「枚数」とはいいません。

「枚数」の言葉の使い方や使われ方

・『必要な枚数に達する』

まとめ

この言葉の正しい読みは「まいすう」です。

意味は紙や板など薄くて平たいものの数です。

タイトルとURLをコピーしました