「査収」の読み方と意味とは?「さしゅう」と「さおさ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「査収」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「査収」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「査収」の正しい読み方は「さしゅう」と「さおさ」どちら

「査収」の読み方として推測できるものに、「さしゅう」「さおさ」があります。

「さしゅう」「さおさ」の二つの読み方のうち、「査収」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「査収」の正しい読み方の結論は、「さしゅう」が正しい読み方になります。

「査収」に使われている「収」という漢字の音読みは「シュウ」、訓読みは「おさめる」です。

ただし「査収」の言葉では「収」「シュウ」の音読みが使われて、「おさめる」と訓読みで読まれることはありません。

そのため、「査収」「さおさ」と読むのは明らかな誤読と判断できるだけではなく、「さおさ」という日本語の単語も存在しないのです。

「査収」の意味

「査収」の意味は、「内容や品質などをよく調べた上で受け取ること」を意味しています。

「査収」の言葉の「査」という漢字は、「調査・査定」などに使われるように「よく調べる」の字義を持っています。

「収」という漢字には、「収める・受け取る」の意味があります。

「査収」の言葉の使い方や使われ方

「査収」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

『先月の各店舗の売上げ・利益・人件費をまとめたレポートをExcelファイルでお送りしますのでご査収ください』

・『ご依頼をいただいていたお品物がさきほどできあがりましたので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます』
・『詳しい契約内容を書き記した契約書を送付いたします、ご査収の上で署名捺印をよろしくお願いいたします』

まとめ

この記事では、「査収」の正しい読み方「さしゅう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「査収」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の内容を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました