「格別」の読み方と意味とは?「かくべつ」と「がくべつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「格別」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「格別」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「格別」の正しい読み方は「かくべつ」と「がくべつ」どちら

「格別」「かくべつ」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「格」の音読みは「かく・こう・ぎゃく・ごう」、訓読みは「いた(る)・ただ(す)・う(つ)」「別」の音読みは「べつ・べち」、訓読みは「わか(れる)・わ(ける)・わか(つ)」です。

「格別」と表記する場合「がくべつ」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「格別」の正しい読み方は「かくべつ」です。

「がくべつ」とは読みません。

「格別」の意味

「格別」の意味は「普通とは程度や内容が全く違っていること」「それぞれ分け離して行うこと」「他とは違う扱いがなされること」です。

「格」「組成された物事の本質をなすもの」「あるものがかもし出すすぐれた個性」「がちっとはめこまれた一定の枠」という意味、「別」「いっしょにいたものが離れ離れになる」「ある特徴によって物事を分け離すこと」から転じて「とりわけ他と異なる」という意味、「格別」で、「決められた一定の基準ではなくとりわけ他と異なること」になります。

「格別」の言葉の使い方や使われ方

「格別」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『平素より格別のお取り立てをいただき誠にありがとうございます』
・『働いた後のビールは格別だ』
・『今日は格別に寒い日だ』

まとめ

今回は「格別」の読み方について紹介しました。

「格別」の正しい読み方は「かくべつ」で、「がくべつ」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました