「格好」の読み方と意味とは?「かっこう」と「かくよし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「格好」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「格好」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「格好」の正しい読み方は「かっこう」と「かくよし」どちら

「格好」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語を構成する二つの漢字の個別の読みを確認します。

「格」の漢字の音読みは「カク・コウ」で、訓読みは常用漢字外の読みですが「いた(る)・ ただ(す)」です。

また、「好」の漢字の音読みは「コウ」で、訓読みは「この(む)・す(く)・よ(い)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げば、「かくこう」と読め、これが発音を容易にする変化したとすれば「かっこう」と読める可能性があることが分かります。

また、音読み+訓読みで繋いで、いわゆる重箱読みすれば、「かくよし」と読める可能性があることも分かります。

さて、「格好」の正しい読み方は「かっこう」「かくよし」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「格好」の正しい読み方は「かっこう」で、「かくよし」と読むのは間違いです。

少し特殊と言える重箱読みではなく、ごく一般的な音読みを重ねた読み方の方が正しいと言う結果です。

「格好」の意味

「格好とは「外から見た事物の形や姿のこと」「似つかわしいこと」等を意味する言葉です。

「格好」の言葉の使い方や使われ方

・『彼は格好ばかり気にしているが、人間としての中身ももっと磨くべきです』
・『帰省するのに格好の手土産を見つけることが出来ました』

まとめ

「格好」の正しい読み方は「かっこう」で、「かくよし」と読むのは間違いです。

また、この「格好とは「外から見た事物の形や姿のこと」「似つかわしいこと」等を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました