「桜花」の読み方と意味とは?「おうか」と「さくらばな」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「桜花」の読み方と意味とは? 読み方

桜の花を示す言葉には「桜花」があります。

この記事では、「桜花」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「桜花」の正しい読み方は「おうか」と「さくらばな」どちら

「桜花」の読み方は「おうか」であり、「さくらばな」とも読みます。

この言葉に使われている「桜」は音読みで「おう」と読み、訓読みは「さくら」と読みます。

「花」は音読みで「か」と読み、訓読みは「はな」と読みます。

正しい読み方の結論

「桜花」の読み方は「おうか」であり、「さくらばな」と読むことも可能です。

「桜花」の意味

「桜花」は桜の花を示す言葉であり、春先に桜が咲き誇っている様を示す時にも使います。

「桜花」「おうか」「さくらばな」両方の読み方をすることが可能ですが、第二次世界大戦で日本軍が使った航空機や競馬における「桜花賞」の場合は「おうか」と読みます。

「桜花」「桜華」と書くことも可能であり、桜の言葉を使った言葉としては「寒桜」「山桜」「冬桜」「夜桜」が有名です。

「桜花」の季節には桜や様々な花を見る花見や宴会が行われ、春の風物詩となっています。

「桜花」の言葉の使い方や使われ方

・『桜花の季節になり、道路が桜色になっています』
・『その庭園は桜花爛漫であり、様々な観光客が訪れる』
・『競馬の桜花賞は毎年注目の3歳牝馬が走ることで有名です』

まとめ

「桜花」は桜の花を示す言葉であり、これが春先に咲き誇る姿を示す時にも使うことが可能です。

桜の木は日本だと様々な場所に植えてあり、毎年綺麗な花を咲かれて春の訪れを告げてくれます。

桜吹雪によって道路や一面がピンク色に染まったり、日本では「桜花」の下で花見や宴会するのが習慣となっています。

タイトルとURLをコピーしました